プロバイダ料金を節約するためには?

光インターネットでは特にそうですが、多くの固定回線インターネットはNTTなどの回線業者から物理的な回線が提供されていますので、全国的に見れば回線自体には選択肢がないという地域がほとんどです。
そうした中でネット接続料金を節約しようと思えば、自然、プロバイダ料金を節約するという方向性に進まざるをえないでしょう。
プロバイダ料金を節約する方法は、「オプションを止める」か「プロバイダを変更する」の2択になります。
また、別の観点としては「加入キャンペーンを上手に利用する」というものも有ります。
何らかの有料オプションを現在利用しているのなら、それを停止することで当然プロバイダ料金は減ります。
(請求書上は「オプションサービス料」として別計算されていることも多いですが)この場合の問題は、そのオプションサービスが停止してもよいものなのか、若しくは別の手段で代替できるものなのかという点でしょう。
例えばIP電話がオプションサービスだとして、もう完全に携帯電話中心の生活であるというのであれば、IP電話サービスを停止してしまうのも手です。
プロバイダを変更するのは、多くの人が選べる有効なプロバイダ料金節約法です。
節約のために違約金を払うのは本末転倒ですので、注意が必要です。