住宅ローン減税は利用すべき?

住宅購入者の多くは購入の際に住宅ローンを利用しているのですが、そうした時に頭に入れておかなければいけないのが住宅ローン減税の存在です。
この減税制度を利用すればすでに納めている所得税や住民税が返ってくるのです。
住宅購入を促進するために設定されたこの制度は平成26年4月から更にその恩恵が拡大されることになります。
平成26年4月は消費税率が5%から8%に上がることが予定されており、増税によって住宅購入の動きが落ち込むことを防ぐためにも減税の拡大が求められたのです。
一般住宅の購入で減税額の計算に適用されるローン残高が従来2000万円だったのに対して、平成26年4月からは倍額の4000万円に引き上げられます。
これによってローン残高から計算される最大減税額も20万円から40万円に引き上げられることになります。
認定住宅では更に優遇されることになっています。
またバリアフリーや省エネ対策の改修にも適用されるので、住宅の購入や改修を考えている人はしっかり頭に入れておきたいところです。