FXの分析に活用するRSIについて

日本語では、相対力指数と呼ばれています。
このRSIはオシレーター指標といわれています。
振り子のように動き、相場強弱を示す働きをする指標であるRSIは、オシレーター指標の1つとして親しまれています。
その数値がどこに位置しているかで、買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかが分かるでしょう。
底値圏と判断する際の値は30%以下であり、高値圏と判断する際の値は70%以上です。
上昇トレンドの時のRSIは、50%以上の値でほとんど推移して行きます。
下降トレンドの時には、50%以下で推移していくことがほとんどです。
この特徴を利用してFX売買の決断を行うようにしてください。
まず、上昇トレンドの時に、70%以上の高値圏から50%程度に、値が下落するのを確認します。
その後、反転したらFXの買い注文を行いましょう。
そして、下降トレンドの時には、30%以下の底値圏から50%あたりに、上昇するのを確認してください。